TOPページ > 導入効果3つのポイント! > システム構台導入シミュレーション

システム構台導入シミュレーション

CASE1 システム構台 YTロックシステムと鋼製構台との経済比較

設計図

当初設計では右図のように鋼材で計画

鋼製構台の問題点
  • ・施工の初期段階で、クレーン作業が発生し、農道の通行止め措置が必要となり、農道を使用する地元の方及び他工 事に与える影響が非常に大きい
  • ・施工箇所までの道路が非常に狭く、資材(鋼材)の運搬が非常に困難
  • ・鋼材根入れの際に別途足場が必要となり、余計な工程が発生
  • ・鋼材では工程が間に合わない
システム構台で改善
  • ・仮設構台の上で作業する施工機械を選定し、地山の地盤反力が確認できれば、組立に大型クレーンを使用しない「システム構台 YTロックシステム」が非常に有用である
  • ・システム構台 YTロックシステムで施工すれば、通行止め措置の必要がない
  • ・大幅な工期の短縮及び工事コスト縮減が可能

工期・コスト比較表

工期   システム構台
YTロックシステム
鋼材 縮減 縮減
設置 14日 60日 ▲46日 76.67%
共用 150日 150日 0日 0.00%
撤去 7日 30日 ▲23日 76.67%
合計 171日 240日 ▲69日 28.75%

コスト   システム構台
YTロックシステム
鋼材 縮減 縮減
資材・労務費 1950万円 2300万円 ▲350万円 15.22%
資材重量 90t 145t ▲55t 37.93%
運搬費 150万円 210万円 ▲60万円 28.57%
誘導員 5万円 50万円 ▲45万円 90.00%
小運搬費 120万円 195万円 ▲75万円 38.46%
揚重費 0万円 141万円 ▲141万円 100%
事務所経費 840万円 1200万円 ▲360万円 30.00%
合計 3065万円 4096万円 ▲1031万円 25.17%
トータルコストを25.17%削減!!

電話/メールでの資料請求・お問い合わせ

『システム構台 YTロック工法 YTロックシステム』に関するお問い合わせ・資料請求は電話・FAXかメール、Webフォームにてお申し込み下さい。

エスアールジータカミヤ株式会社 YTロックチーム(システム構台研究会 事務局)
メール : info@system-koudai.jp

資料請求・お問い合わせはこちら