TOPページ > 導入効果3つのポイント!

システム構台 YTロックシステムの導入効果3つのポイント

従来の法面足場工法は単管およびクランプで足場が組み立てられており、その際には何千、何万個というクランプの締め付け作業があり、非常に時間がかかります。
また、両手が塞がる作業が斜面上で長時間続き、非常に危険であり、熟練の作業員でなければ、目的とする作業構台を構築することができません。
その上このような構台はクランプの締め忘れやゆるみ等を容易に発見することができず、点検などにも非常に手間がかかります。
このような問題を解決し、さらにコストも削減するシステム構台 YTロックシステムの高い導入効果をご紹介します。

POINT1:安全性 工具不要の「ワンタッチはめ込み接続方式」を採用

YTロック接続金具によりクランプの締め付けやクサビの打ち込み作業が工具不要。
特許技術のワンタッチはめ込み接続方式だから、誰でも安全に組み立て、解体が可能です。

支柱には450mmピッチで4方向にソケットが装着されています。
水平材両端の先端部を上から差し込むだけで、自動的にロックされます。ハンマー不要、静かで効率的に作業が進められます。
また、工具レスしなることにより、クランプ止めの工具と機材を持つことで両手がふさがり危険を伴う法面での作業での突発的な出来事に対処できないという危険を回避することができます。

ワンタッチはめ込み方式

POINT2:利便性 全てがユニット化された作業床 設置もスムーズに

ユニット化された作業床

高さ1800mm、900mm、450mm、225mmの各支柱、スパン1829mm、1279mm、914mm、610mm、305mmの各部材を装備。
また、斜面に対しては斜面ブラケットを準備。

作業床はパネル、巾木、手すりがユニット化され、すべてが工具不要の強力な接続構造です。

ユニット化された作業床

POINT3:経済性 労務・機材運搬費を制限しトータルコストを20〜30%カット!

システム構台YTロックシステムはシステムのユニット化により、組み立て解体の作業効率の向上と、ブロック単位の組み立て、解体作業が可能になり、盛り替えや転用施工にも格段の省力化を図る事が可能になります。
また、資材重量も軽減され運搬経費も大幅に削減されます。
桟橋用の部材も準備されています。

詳細な経済比較は「システム構台導入シミュレーション」をご覧ください。

シミュレーションを見る

電話/メールでの資料請求・お問い合わせ

『システム構台 YTロック工法 YTロックシステム』に関するお問い合わせ・資料請求は電話・FAXかメール、Webフォームにてお申し込み下さい。

エスアールジータカミヤ株式会社 YTロックチーム(システム構台研究会 事務局)
メール : info@system-koudai.jp

資料請求・お問い合わせはこちら